巻物

涼しい火曜の夜は焼酎を

天空からの眺め、洞穴からの匂い

ちょっと「水」のことを考えてみたいんだ。それほど難しいことじゃないと思うんだよ、「好奇心」のことはね。

ホーム

控え目にお喋りする先生と夕焼け

オフィスで頑張っていた時の先輩は、社長令嬢で、どう考えてもセレブだった。
痩せてて可愛くてテンションが高い、動物を愛する先輩。
動物愛護グループなど立ち上げて、しっかり活躍を行っている様子。
革を使用しない、お肉食べない、動物実験反対。
一回、ご実家に訪れたことがある。
高級住宅地にある背の高いマンションで、六本木ヒルズが見えていた。
先輩は、可愛くて清潔な猫ちゃんと同棲していた。

気持ち良さそうに踊るあなたと霧
挨拶用で何枚かスーツに似合うワイシャツを購入しているけれど、毎回チョイスするときに何枚も試しに着てみる。
それだけ、シャツのかたちに執着するのも珍しいと思い込んでいた。
そんな時に、今日、ワイシャツはオーダーでと、こだわっていた方がいたので、ビックリした。
けれど、ワイシャツひとつでかっこよく見えるのはいいな、と感じた。

どしゃ降りの大安の夜明けにビールを

すぐ目の前が海というところに私たちは、暮らしているので、高潮を両親が心配な気持ちをもっている。
特に大地震後は、どれくらい海から離れているのかとか逃げる場所は近辺にあるのかとか言ってくる。
家内と俺だって怖いのだけれど、うまく条件のあう物件も見つかるわけではない。
しかしながら、本当に津波がくるとなった時に逃げのびる道を思い定めておかないととそう思う、しかし、防波堤周りしか近くに道がないので、ちゃんと考えたら危険だとわかった。

そよ風の吹く週末の夜に昔を懐かしむ
ショップ店員さんってなりたくないなど思うのは自分だけだろうか。
出勤の度に、徹底的にファッションを選ばないと店のイメージにつながる。
私なんて、出張で仕事する時はスーツ着ればいいし、化粧だってしてれば良いとされている。
休みの日も、自分で満足する服装を選べばいいし、在宅で何かをするときはスウェットでも大丈夫。
だから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、就けない。
服を選んでいると、店員さんが話しかけてきて服の説明や合わせ方を語ってくれる。
毎回それに固まってしまい、買わないで去ってしまう。
これも、店員さんって務まらなさそうと思う大きな理由の一つだ。

一生懸命自転車をこぐ弟と冷めた夕飯

「嫌われ松の子一生」という題名のドラマが放送されていましたが、見ていた方も多いと思います。
わたしは、番組は見なかったけれど、女優の中谷美紀主役でシネマが公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、不運な境遇にいながらも、自分は不幸だと思いません。
はたからみれば、幸せでないかもしれないけれど夢があります。
幸せをつかむことに関して、貪欲なんです。
とてもリスペクトを感じました。
自分だって幸せになりたいのに、チャンスがやってくるといけない事のように感じる。
という、意味の分からない状態だった悩み多き私は観賞中、明るくなりました。
とても、明るい映画なので、おすすめです。
そして、中谷さんは、音楽教師でも、風俗嬢でも、美容師を演じても、何をしても綺麗でした。

具合悪そうに叫ぶ先生とぬるいビール
南九州の老年期の方は、日々、菊を墓前にやっているから、なので、生花がたんまり必要で、生花農家も山ほどいる。
夜半、原付で飛ばしていると、電照菊のライトがすぐ夜半、原付で飛ばしていると、電照菊のライトがすぐ見える。
住家の光源は非常に少ない田舎だが、菊の為の電灯はしょっちゅう視野にはいってくる。
菊の栽培光源は頻繁に目に入っても人の通行はめっちゃほんの少しで街灯の明かりもものすごくほんの少しで、危ないので、高校生など、駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。

息絶え絶えで走るあいつと枯れた森

太宰治の、斜陽は、休みなく読みたくなると思う。
戦前は華族の娘だったかず子が、誰にも引かない女に豹変していく。
そこそこ素晴らしいと感じた僕。
かず子のように、誰にも恐れない行動力と、強引なくらいの意志が終戦後は必須であったんだと思う。
それは置いておいて、不倫相手である上原の妻からすると大迷惑だろうとも思える。

悲しそうに熱弁する友達とあられ雲
友達の両親が梅干しを販売しているとの事。
博多に本社を置き中国にショップもでき、関西の方に工場がある。
各都道府県にたまに、数人で組んだメンバーで訪問販売をするらしい。
深夜に、梅干しの雑学を聞くと、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!など言うと、いただいたものがあると出してくれた。
この子と食べたこの梅干しが、これまでで最高に美味しかった。
なんと、早速はちみつ梅をオーダーしてしまった。

そよ風の吹く祝日の夜はこっそりと

買い求めた生地で、園に行く娘の必要な袋を縫わなくてはいけない。
それは、家内が作成するんだけど、しかし、自分も裁縫が嫌いではないので、忙しそうだったらいっしょにしようと考えている。
必要なものを入れるきんちゃく袋が園に通うためにいる。
ミシンもやっと手に入った。
使った感じも試してみようと思っている。

涼しい大安の晩に食事を
何故か今頃ニンテンドーDSに夢中になっている。
はじめは、TOEIC対策にもっと英語漬けや英語関係のソフトを使用していたのみだった。
だけど、ヨドバシでゲームソフトを見ていたら、英語関係以外も気になってしまい、結局購入してしまう。
トモダチコレクションやクロスワード、桃太郎電鉄などなど。
旅行に役立つ、トラベルシリーズもヒットしている。
これは、移動中などの少しの時間にも活用できそうだ。

手裏剣


Copyright (C) 2015 天空からの眺め、洞穴からの匂い All Rights Reserved.
巻物の端