巻物

湿気の多い火曜の早朝に昔を思い出す

天空からの眺め、洞穴からの匂い

例えば、何も知らないエイリアンに「第一歩」のことを説明するなら、どんなふうに説明する?「学者」の目立つ特徴とか、いや、前提としてこの地球の説明から始まる?

ホーム

控え目に叫ぶ兄さんと気の抜けたコーラ

都内で江戸の頃より華やいでいる下町が、台東区にある浅草。
特に知名度の高い仏様が浅草の観音様。
そこそこここ最近、浅草寺詣でに行った。
珍しく行く東京都の浅草寺。
さらに、自身の目で実際に見て分かったのが、外国人のお客様がたくさんいること。
色々な国からお客様の集まる浅草、ちょっと以前よりどう見ても多くなった。
それは世界で一番背の高い総合電波塔である、東京スカイツリー完成の影響もあるといえるだろう。
アジア諸国からは、新東京国際空港ハブ化で便利になったという事で、プラス、ヨーロッパ諸国や欧米からは、着物や和装小物に魅力を感じて来ているお客様が多いと思う。
されおきこの先の未来もたくさんの外国人観光客がやってくることを想像させられた。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産に有名な人形焼と雷おこしをたくさん買って、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、豪華絢爛な本堂が見えてきた。
この瓦屋根は雨に濡れてもさびにくいチタンを使用し、工事を行ったそう。
本堂の秘仏の観音様に旅の無事と平和を祈り御祈願した
今年の頑張りが、必ずどこかで表れますように。

息絶え絶えで口笛を吹くあいつと私
子供の3歳の誕生日がもうすぐで、プレゼントをどんなものに決めようかを迷っている。
妻と相談して、体を使って遊ぶ遊具かためになるおもちゃか洋服などにするかを決定しようとしている。
迷ってなかなか決まらないので、実物を見て決めることにしたけど、これだというものがなかった。
しかし、こどもに近くにいかせてみたら、以外と簡単に決まった。
すべり台に夢中になったので、それに決めた。
ただ、今住んでいる家が狭いので、小さくて折りたたみ可能なものにした。
販売価格もなかなか安かったので、助かった。

雲が多い火曜の日没に微笑んで

20代前半に凄く太っていた時期に、毎日欠かせなかったのが、ハニートーストだ。
ピークの時は、夜ごはんの後に3枚くらい食べていた時期もあった。
さらに同じ時期に、フライドポテトに取りつかれてしまい肥満体型の世界へ直行だった私。
試みたダイエット方法が変わったものばかりだ。
例を挙げると、スープのみの食生活。
これは2週間程おんなじスープしか口にしない食事だ。
仕事場にまで水筒に入れて持って行ったという徹底さ。
スープダイエットに断念して、トマトを夕飯に置き換えるというダイエット。
さすがに、今は無謀。
その後、2年ほどで食生活を気にするようになると、あっという間に元に戻った。
なんでも時間をかけてというのが間違いない。

気持ち良さそうに踊る兄さんと濡れたTシャツ
ひとり暮らしの時、体の調子が良くない上に、偏った食事と、睡眠の時間帯が良くなかったので、吹き出物が多かった。
このままじゃヤダと考え、食生活を意識し、美容に良い事をしようと情報収集をした。
すると崇拝されていたのが、アセロラドリンクだ。
今でも毎晩飲んでいる。
れもんよりもビタミンが豊富に摂れると言う話だった。
体調と美肌はやはりビタミンから出来上がるのかもしれない。

無我夢中で話す姉妹と草原

村上春樹のストーリーがおもしろいと、友達の人々のリスペクトを聞いて、購入したのがノルウェイの森。
このストーリーは外国でも多くの人に読まれており、松山ケンイチ主演での映画も公開された。
村上春樹の文庫本は、面白く、どんどん読めてしまうところが好きだ。
直子と緑との2人の女性の間でゆれる、ワタナベは、実に生死のはざまでゆれているように感じる。
生と死という課題を取り除いても直子も緑も魅力的だと思った。
それに、キズキや永沢さんやレイコさんといった登場人物が加わる。
みんな魅力があり個性的で陰の部分を持ちあわせている。
随分前に読んだ物語だが読みたいかも!と思い、開いたことが何度もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
さすが村上春樹と思った部分。
そして、直子がちょっとだけうらやましくなった。

泣きながらダンスするあの子と季節はずれの雪
版画やフォトといった芸術観賞が好きだし、絵も得意だと思うけれど、撮影がとても苦手だ。
それでも、かつては一人前に、レフを重宝していた時期もあって、なにがなんでも持ち歩いたりした。
ビックリするくらいレンズが合わないし、センスのない配置なので、一眼レフがしゅんとしているようだった。
だけど、レンズや現像はやっぱり凄く面白いと思った!

ゆったりと跳ねる母さんと月夜

好きなミュージシャンはいっぱい居るけど、20代になってから日本以外の曲ばかり購入していた。
でも、国内のアーティストの中で、大ファンなのがCHARAだ。
チャラはたくさんの楽曲を世に送り出している。
人気がある曲なのは、やさしい気持ち、世界、DUCAなど。
この国さまざまなミュージシャンが知られているが彼女はcharaは強い個性がぴかっと光っている。
国内には、海外で活躍する歌手も多くいるが、チャラも人気が出るような予感がある。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」あたしを無人島に持って行って
こう言ったフレーズが考え出されることに憧れる。
だいたい曲作りもしていて個人的には、想像力が豊かでカリスマっぽい魅力があると思う。
judy and maryのユキとコラボレーションして出した、「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高だった。
カッコよかったから。
誰もが一度くらい、思う、思われたい感じの事を、工夫してキャッチフレーズのように表現している。
キャッチフレーズのコンテストなどに入賞されそうだ。

気どりながら口笛を吹く君と季節はずれの雪
恐怖はたくさんあるけれど、海が一番怖い。
しかも、グアムやオーストラリアなどの水色の海ではない。
もっと上を行くのが、しまなみ海峡などの濃い海だ。
ついつい、水平線に囲まれている・・・という状況を想像してしまう。
それが味わいたかったら、オープンウォーターという映画が持って来いだと思う。
ダイビングで海上に置いてけぼりの夫婦の、会話のみで展開していく。
どう考えても、私には恐怖のストーリーだ。
もしかすれば起きてもおかしくない事なので、感情移入はたっぷり伝わると思う。

悲しそうに叫ぶ友人と濡れたTシャツ

仲のいい子と1時に約束していた。
福岡の恒例の巨大な広場。
早めについて待っていると、少しばかり遅刻すると連絡がきた。
巨大なテレビの前は合流地点なので、待ち人も次第に去っていく。
スマートフォンでミュージックを聴きながら、その光景を眺めていた。
それでも時間を持て余して近所のカフェに入って、オレンジジュースを飲んでいた。
しばらくして、友人が遅くなってごめんね!と言いつつやってきた。
今日のお昼は?と聞くと、パスタがいいかもとの事。
色々調べてみたけれど、どこが良いのか探しきれなかった。

雲が多い平日の深夜は読書を
よく遊ぶちかこはなかなか賢い。
頭が良いんだなーと思う。
何があっても人を否定したりはしない。
何この人?と感じても、ちょっとでも相手の気持ちを尊重する。
だから、考えが広がるし、我慢強くなるのだ。
考えを貫く事より、こうしている方が知佳子にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかない方法、悪いことが起きても次回の糧にするやり方をよく理解している。

手裏剣


Copyright (C) 2015 天空からの眺め、洞穴からの匂い All Rights Reserved.
巻物の端